FC2ブログ

すべての道はイタリアに通ず!! ?

イタリアで彫刻を勉強したい。それに向って準備中。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ イングランド
CATEGORY ≫ イングランド
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ナショナルギャラリー

ナショナルギャラリーはだれもが知っている?
ダヴィンチ、ゴッホ、モネなどヨーロッパ絵画の一流作品が展示されています。

外観写真は夜とったもの。
DSC_1906.png


ここも、とっても広くて、迷路のようでした 笑



14時半前に到着した私は、まずはここでもレストランへ 笑

どーしても食べてみたいアフタヌーンティーセッツ!!!!!!

ちょうど14時半〜。席に着く頃にはランチのお客さんがどっと席をたち、
店内はがらんと…。ちょっとさびしいけど、まあよし。


紅茶はミントティーにしました。

じゃーーん!!!本場アフタヌーンティー♪

DSC_2033.png

鉄瓶で出て来た、ちょっと拍子抜け

でも、そうなの!この3段!!!

ちょっと貧相だけど、このアフタヌーンティーはたった14ポンドとエコノミーなので仕方が無い

下から、サンドイッチ(ハムチーズ、蒸し鶏ルッコラ、クリームチーズサーモン、キュウリクリームチーズ)
スコーン(ジャムとバター)クロテッドクリームが良かった!!!!
一番上はケーキ

下のサンドイッチからいただきまーす。

DSC_2040.png

スーパーのすら美味しいサンドイッチ、
ここのも美味しかった!パンがしっとり、
適度に塗られたバターやソース、
具とパン、バランスバツグン!!!
なんでこんなにサンドイッチが美味しいの!!


お次ぎはスコーン。

DSC_2038.png

表面が皮が張った感じはグラストンベリーのスコーンとは全然違う。

手で割ると、中はふんわり…。

これ、スコーンじゃないでしょ!!!!って言いたくなるスコーン。(何様ワタシ)

(ここで、3段じゃなくても、口コミの良かったお店で食べるべきだったかなと反省。)

うちに帰ってから調べたのですが
スコーンはイギリス風とアメリカ風があったり、
レシピも、ホイップクリームを入れるものや
卵をいれるもの、クロテッドクリームを入れるなど、色々。

きっとここのスコーンは菓子パンチックなかんじだったので
牛乳、生クリーム、あのふんわり感は卵でしょう。あいやー
生クリームミルクパンだよ。

でもこれはこれで美味しいので完食しましたよ。
あ、このジャムがめっちゃおいしかった!!!
イギリスってやはりジャムが美味しいのね〜
買って帰りたいけど、格安航空のライアンエアーの私は100ml以上は持ち込めない…。

そして、ケーキ。
(手前からレモンタルト、レモンのチーズケーキみたいなの、生チョコみたいなの、ピスタチオとベリーのオペラ)
うん、ふつー。
DSC_2041.png

レモンのチーズケーキみたいなやつは美味しかったです。
オペラも美味しかったけど、生クリームを食べると気持悪くなり頭痛がするわたし、
全部食べたら頭いたくなっちゃった…

サンドイッチが一番おいしかったな〜


美味しい度は低かったけど3段重ねに満足。そしてお腹が膨れたし、いざ!

DSC_2047.png

ほんとに沢山の絵画、
最後の方にダヴィンチや見たかったゴッホのひまわりをみました。
イタリアでみる絵画とはまた、雰囲気が違うのもたくさんあって面白かった。
自分でも予想外だったのですが、モネが好きになりました。

実物、目の前で見るモネの絵は凄かった!

なんであんな色彩を生み出す事ができちゃうんだろう!!
すごく綺麗でした。

DSC_2048.png

DSC_2050.png

ゴッホのひまわりも、目の前で見ると黄金色。
やはり、写真や本じゃわからないものなんですね…
DSC_2052.png


ダヴィンチの絵だけは暗室でライトアップされていました。
そして、やはり他の絵画とは全然違うオーラ


そして、私が気に入った絵
DSC_2069.png

DSC_2051.png



特別展として開催されていたコーナー。
ここは写真禁止だったけど、なんだかすんごい絵でした。
筆をキャンパスに叩いて書いたようなものなんだけど、
絶妙な色と色彩感覚。
すごかったなー
DSC_2071.png


私は絵画のこと、美術の事、全然無知なんです。
実は、絵画はあんまり興味無い。
だからナショナルギャラリーは時間をもてあましたらにしようと思ってたんだけど
同居人のイタリア人、美大生のすすめもあり、行ってみたのですが

いやーーーーー良かったです♡

テートモダンの次によかった。
スポンサーサイト

ロンドン4日目はテートモダンで現代美術を

地球の歩き方や、旅の口コミサイトでは小さくしか紹介されていないので全然ノーマークだったテートモダン。

こっちでプロの彫刻家が「ロンドンいくの?じゃあテートモダンいくんだね!!」というので
なにそれ?いってみる。ってことでいってきました。

前日のお昼に食べたボリューム満点のイギリス式ブレックファースト
夜、案の定お腹がすかなかったため、お菓子をつまんだだけで寝たので
朝からおなかがぎゅるぎゅる。しかも無駄に早起きして、朝食の1時間半前からホールのパソコンで時間を潰していました。

口コミで気になってたクロワッサンとミューズリー!!

DSC_1938.png


クロワッサンはパリッパリでまるでパイ。
バターの風味がすんごい。

うううん…。正直好みじゃない。がっくり。
クロワッサンで有名な三◯月だったけ?わたし、あれもあんまりすきじゃない。
パリパリさせれば美味しいのかって思ってしまうんだよねー
ぱりっとして生地の味もして、モッチリ感ににた水分感があるクロワッサンがすきだー

これならどっかのカフェで食べたかったな…
ミューズリーは相変わらず美味しい♡


DSC_1940.png

早起きしたため早めに出発!!
地下鉄にのって、時間があるので昨日友だちに教えてもらったカンデムタウンへ

アートチックでおもしろいよ、とのことだったけど、
早すぎたかなー。お店しまってるし、外から見ててもそんなに興味そそられず、
ただ一駅分の大通りをあるいて終了。


素直にテートモダンに向いました。
それでも、時間が開館までたっぷりなので、ビックバン昼間版をみにいくことに、
川沿いをお散歩。
ロンドンアイにはすでに列が。この周辺には日本人団体がいましたー。ツアーかな〜
DSC_1946.png


DSC_1949.png


DSC_1948.png

DSC_2013.png


それから10時半、ようやくテートモダン
DSC_2014.png


なんだかんだで2時間くらい散歩しました。
寝不足もあって、テートモダンについた途端ダウン笑
まず、館内のカフェにいってオレンジジュースを。30分ものんびりしちゃったわ。


DSC_1973.png

DSC_1972.png


テートモダンは発電所だった建物を改造して作られたんですって。

とっても広くて、不思議な感じ。

DSC_1974.png

DSC_1996.png


ここには現代美術がたくさん。
モダンなアートってなんだかよくわからない印象があるのですが、
ここにきて、今のアートって
「なにこれ、おもしろい!!」って思わせた勝ちなのかなって感じました。

DSC_1988.png


DSC_1994.png


DSC_1992.png


DSC_1979.png


DSC_1975.png


DSC_1984.png

そしてアートって自由!
子どもも自由!!ここでも小学生くらいの子たちや高校生?かな、先生と見学に来ていました。
DSC_1987.png

これ、、、
私でもかけるよって思うんだけど、きっとなにかむっずかしいバランスみたいなのがあるのかしら??
DSC_1986.png



DSC_1976.png
あれ?ぼくにはつまんないかな??
私はテートモダン、すっごく楽しかったけど。


私のおたのしみミュージアムショップ!!!!

ぜーんぶアートの本!!!!!!!


DSC_2004.png


マグとかめっちゃ可愛かったけど、重さに断念。

でもこんなトート買いました!かわいくないですか??

DSC_2003.png


DSC_2006.png
DSC_1999.png


テートモダンを堪能し、時間は12時。
実はこの近くでアフタヌーンティーの口コミ人気が高いお店に目を付けているのですが
アフタヌーンティーは14時半からなので、
テートモダンのソファで昼寝しました 笑

1時間後、入り口前でやっていたクリスマス?メルカートをのぞいて、
ちょっとはやいけど、言ったら食べさせてくれるかもとおもってお店へ
DSC_2009.png

DSC_2018.png

DSC_2011.png

DSC_2017.png

DSC_2016.png




そしたら、今はクリスマスメニューがあるからやってないとか

でもデザートにスコーンやケーキはあるよっとお店の人は言ってくれましたが
私は、あの、3段になってるセットで食べたい!!!!

ってことで、他のお店を探す事にしました。
ほんとに、残念。ここで食べるのが旅の目的の一つだったので。残念。

でも最悪、このあとにいくナショナルギャラリー内のレストランで食べれる事もチェック済み
ただ、そんなにくちこみが良くないからできたら他の店を見つけれたら。

ま、結局ナショナルギャラリーで頂きました。

今思えば3段重なってなくても、ここで食べれば良かったかも。
でもね。。。。あの3段重ねにはテンションが上がったのは事実だし食べれてよかったけど。
次に、この本場アフタヌーンティーとナショナルギャラリーのことを書きまーす。

ロンドン市内をお散歩

さて、大英博物館をあとにし、firenzeでお友達になったスペイン人に会いにいきます。

旅中におもったけど、あちらコチラからスペイン語にイタリア語が聞こえてくる。

みんなロンドンに仕事をしに来ているみたいです。

スペインもイタリアも仕事がないっていうから
物価の高いロンドンにあつまるみたい。あとスイスもよく聞く。

久々の再会はとても嬉しかったし、
久々に会話というものを出来て嬉しかった 笑
イタリア語も上達したねって褒められたし♪

今日はランチをしてから散策したのでその様子をご紹介


まず、待ち合わせに使ったcoventgarden。
大英博物館から徒歩で10分

メルカート風の建物の中にはテナントがいくつか入っています。
有名ブランドからファストフード店まで
実はこの中に入っているNYからきたというハンバーガーを狙ってたんだけど、
結局ここから離れたため食べれませんでした…。
ま、イギリスだし、イギリスのものを…ね。
広場には大きなクリスマスや

DSC_1798.png


オールレゴ製のサンタクロース!!
DSC_1790.png

DSC_1792.png


ここがロンドンの中心地みたいです。
おお!日本の都会みたいな雰囲気。
DSC_1833.png


それから中華街。
ヨーロッパで一番中国人が住んでいるんじゃなかったかな〜たしか

2位がパリで、3位がイタリアのプラートって町。(フィレンツェから車で30分くらい)
中華も惹かれたんだけどね〜笑(点心好き)
DSC_1800.png


町並みがかわいいな〜
DSC_1770.png


DSC_1768.png


DSC_1772.png


あれ、これって朝食で有名なビルズ??
DSC_1785.png


町の中にこんなにかわいい公園。

DSC_1774.png



夕方4時を過ぎるとくらくなり、
友だちは仕事があるってことで一人で散策開始。

ミュージカルのチケット販売所や劇場、ポスターがすっごく多かった。
DSC_1917.png

キャッツッ!!!!!!
DSC_1935.png


イタリアではみないスタバ。
DSC_1916.png

ぐっと冷えて来て真っ暗だけど、まだ5時前なので
がんばって、ビックバンまで歩いていきました。といっても15分くらい

途中ジンジャーラテの文字を発見!!!
吸い込まれるように店内へ
DSC_1860.png

DSC_1863.png
紅茶屋さんでしたがジンジャーラテは珈琲だった。
甘いジンジャーシロップにカフェオレ

これは美味しかったね〜ジンジャーは薄くていわれなきゃ分かんないけど美味しかった〜。
しかもたっぷりサイズ。



そして、ビックバン!!!!

おおおーーロンドンだーー!!って感想しか持てない無知な私
DSC_1869.png

ビックバンは川沿いにあり、その対岸にはロンドンアイという観覧車。
キレーですねー。
DSC_1889.jpg


川沿いをあるいて、街中に戻ります。
ふらふら歩いていたらナショナルギャラリー前の広場につきました。
このナショナルギャラリーは4日目に行く予定。
トイレを借りがてら下見によって、帰途につきました。

DSC_1903.png

DSC_1921.png

DSC_1854.png


DSC_1936.png




大英博物館とイギリス式朝ご飯

館内はとっても広くて、一つ一つの部屋にたっぷり、みっちり展示品がある。
とてもじゃないけど、丁寧にひとつづつは見てられない。
興味のあるものだけ楽しみました。
古代エジプトコーナーや陶器コーナーが楽しかったな〜

DSC_1709.png

写真で館内の様子をご案内致します〜

え?手抜き?

※ミイラが苦手な人は飛ばしてね♡
五千年前の人間がでてきますので。

規模がちがうーーー
展示品が目の前なんですよねー

DSC_1748.png


DSC_1749.png



小学生も何組かみました。
きっと彼らの方が私より、いろんなこと知ってるわ。
一生懸命メモとってました。

DSC_1742.png


DSC_1735.png


DSC_1679.jpg


DSC_1752.png

日本コーナーには埴輪や侍の鎧など展示してありました。
DSC_1654.png



私が一番見たかったエジプトエリア

DSC_1713.png
DSC_1724.jpg

凄い数の木棺!!

その前でポーズキメキメですね…
DSC_1723.jpg

おお、よく見たら5000年前じゃなくて5500年前です!!

DSC_1664.jpg

DSC_1667.jpg

アクセサリーや陶器、人までも何千年前のものが目の前に!!

貴重なものをたっくさん見れました。
これで無料なんて驚きです。

午前で博物館見学はおしまい。
お昼からはfirenzeで友だちになったスペイン人に会いに行きます

待ち合わせはココから徒歩10分のコヴェント・ガーデン。
飲食店も入っているのでランチにちょうどいいのです。

結局、そこから歩いて違うお店に行きましたけどね笑

イギリス市内に何店舗もあるチェーン店だったみたい (ガッカリ)
でも美味しく頂きましたよ!
イギリス式朝ご飯!!笑

DSC_1803.png

朝ご飯といっても店によってはお昼も食べられます。
私はお昼に頂きました。
ベーコンが肉厚で食べた事がない感じだった。
豆好きとしてはどうしても食べたかったベイクドビーンズにありつけて満足です。

パンがつくかと思いきや別で注文みたい。
スペイン人の友だちはイギリスのコレが疑問とか

イタリアやスペインは必ずパンが山盛りでてくるのに
ここではみんな1皿頼んだら食べないんだとか。

このプレートには私はパンが必要だったので
パンを注文。8枚切りの薄さの食パンにバターが来ました。

あと自家製レモネードを。

イギリスってレモネードの国?知らなかったけどあちらコチラで見かけました。
美味しいね♪











3日目は大英博物館へ

3日目は大英博物館へ

宿泊先は朝食付き
一人ひとつまでのクロワッサンが口コミが良かったから楽しみだったのだけれど
お腹すいていなくて、ミューズリーにしました。
他には食パン(白パンor黒パン)、マーガリンとバタージャム2種食べ放題
コーンフレーク2種にミューズリー。オレンジジュース、リンゴジュース、紅茶、セルフマシーンによる珈琲

朝食バイキングで私が絶対手を付けてこなかったフレーク類ですが
なかなか美味しいねコレ笑

はまりそう。みえにくいけど、レーズンにアーモンド、ヘーゼルナッツが入っていて
なかなか食べ応えがあって、美味しい!!!!!
DSC_1613_201412122130470dc.png

8時すぎに宿をでます。

DSC_1614.png


地下鉄にのって、大英博物館へ。
9時半ごろ到着。
1時間くらいで来れるはずなんだけど、
なれない地下鉄に、ふらふら歩いて写真撮ってるから。
時間がかかる 笑

町並みがイギリスっぽくてかわいいんだもん

DSC_1619.png

どーーーんと大英博物館!!!
大英

約800万点の展示。世界最大級の博物館とか。
日本人ツアー客もたくさん見ました。

開館は10時ですが、ホールでもあるグレートコートは9時から入れます
グレートコートにはミュージアムショップやカフェがあるので、
朝ご飯食べてから、カフェしてから。としている人たちで10時前でも沢山の人がいました。

グレートコート

DSC_1630.png

アラブ系のお金持ちっぽい方々が茶会してた

DSC_1728.png


DSC_1640.png


DSC_1637.png

DSC_1639.png


DSC_1628.png


DSC_1642.png


10時になったらいざ!!

DSC_1645.png



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。